AquawallPanel アクアウォールパネル(ぬれない滝:パネル滝水景設備)

アクアウォールパネル(ぬれない滝:パネル滝水景設備)

「水の流れ」をパネルに封じ込めるという新発想のアクアパネル

水の流れ=「滝」をパネルに封じ込めた「ぬれない滝:アクアウォールパネル」。室内にいながら滝を楽しめる新発想の水演出パネル。水の透明感や波紋の美しさはそのままに最高レベルのメンテナンス性を確保した、パネルで水の壁を表現する新しい滝のカタチです。
気軽に「滝」を飾ってみませんか。

水の表情・メンテナンス性・パネル水槽に「拘る」

アクアウォールパネル水槽を構成するのはアクリル製のパネル水槽・循環ポンプ・照明です。その中の最も重要な「パネル水槽」、本来アクリルは水をはじく性質があり、そこに水の流れを表現することは難しいことでした。アクアウォールパネルはアクリルに特殊加工を施し構成するパネルの内側に水の流れを表現した水演出機器です。(特許第6185359号)

フィルムフォールとは

アクアウォールパネル5つの特徴

濡れない
流水面はパネルの内側なので
触っても濡れません。
薄型
厚みはわずか7㎝の薄型パネル構造
表裏なし
両面から観賞できます。
おしゃれな間仕切り壁に最適
清潔
腐食・汚れに強いアクアウォールパネル
専用水を使⽤。水交換も不要です。
簡単施工
給排水設備は必要ありません。
電源のみで運転可能です。

水の表情・メンテナンス性について

アクアウォールパネルに表現される水の流れ、それによって描かれる波紋はまるで魚の鱗のようです。それは水道水より粘度のあるアクアウォールパネル専用水を使用することで描かれる波紋だからです。専用水の効果はそれだけではありません。アクアウォールパネル専用水は腐食や汚れに強いので定期的にパネル水槽内の水を交換する必要もありません。波紋の美しさはもちろんのこと、メンテナンスの手間が限りなくかからないで維持出来るのもアクアウォールパネル水演出の最大の特徴です。 清潔な状態で長く維持できるので空間に風水を考慮する場合の水槽アイテムとしてもお薦めです。

加えて水演出機器でありながら給排水設備は必要ないのも特徴の一つです。他の水景設備のようにお風呂の掃除をするように排水し、掃除をし、再び水を貯めたり、という作業が必要ないからです。パネルを設置する台と電源があればそこに「滝」のパネルを置くことが可能となります。

アクリルパネル水槽について

アクアウォールパネル水槽本体はアクリル素材で構成されます。パールエアレーション(泡水槽パネル)同様に日本製のアクリル材料(キャスト板)を特注し、溶剤接着にて一つ一つ国内で組み上げています。また、水槽端の接着箇所についても限りなく接着跡が分からないよう、透明感が出るよう心掛けて製作しています。

バリエーション

アクアウォールパネルには以下の3つのバリエーションがあります。設置環境や用途、デザイン・イメージによってお選びいただけます。

スタンダードタイプ

スタンダードタイプ

スタンダードタイプ

水槽パネルを構成する表と裏のアクリル板の内側に細かいエッジ加工を施したタイプのアクアウォールパネルです。エッジに水が絡むことで鱗のような美しい波紋を表現。加えてエッジ加⼯効果で視線を遮る効果があります。

パネル越しの景色が見えづらくなるので壁を背にした場合の設置にも適しています。その際、壁を黒にするとより波紋が強調され、水の動きを最大限表現できます。

ガラス色タイプ

ガラス色タイプ

ガラス色タイプ

緑がかったガラス⾊アクリルを構成用パネルに採用したプレミアムバージョンのアクアウォールパネルです。アクリル素材でありながらガラスの風合いを感じることのできる素材を使うことで高級感やナチュラルさを大切にする空間に適した水演出パネルとなります。
スタンダードタイプ同様に水槽内側にエッジ加工を施しているので水の流れがよく分かり、またその波紋の美しさも特徴的です。

周囲に緑を配置することでよりナチュラル感と癒しを演出することが可能です。

クリアタイプ

クリアタイプ

クリアタイプ

流れる水の自然な波紋を楽しむ完全透明タイプのアクアウォールパネル。シースルーに空間を見せる場合のパーテーションとしても最適です。

水で描かれる波紋でパネル越しの景色を程よくにじませるので透明感を出しながら適度に視線を遮る場合に適しています。
間仕切りのように空間を仕切る位置への設置に適しています。

また、壁に緑(壁面緑化等)を配し、その前にパネルを設置、緑を水の流れでにじませることによって水と緑を融合させた自然な雰囲気の癒し空間とすることも可能です。

シンプルな納まりで簡単設置

アクアウォールパネルの設置はとてもシンプルです。パネル水槽を設置する台に、まるで絵を飾るかのようにパネル水槽を置いて固定するようなイメージとなります。

  • パネル水槽を支える台を事前に設置・電源の準備
  • アクリル製パネル水槽設置
  • 配管作業
  • 試運転、調整  という流れとなります。

パネル水槽は幅900mm(※1)まで、高さ3000mmまで自由に設定可能です。
パネル水槽は固定シロとしてパネル上部100mm、パネル下部200mm(※2)の合計300mm必要となります。例えば全高2000mmのパネル水槽の場合、見え高は1700mmとなります。
また、パネル同士を突き合わせて(並べるようにして)設置することで幅を広くとった設置が可能です。例えば幅900のパネルを5枚並べて幅4500とするイメージとなります。(※3)

製品納期はご発注後25~40日となります。(※4)
製品価格はパネルサイズによって異なります。(※5)

  • オプション仕様にて幅1200(特寸)まで対応可能です。
  • 仕様によって異なります。
  • あくまで単体のパネルを並べて配置するイメージとなります。
  • ご発注のパネル枚数やサイズ、混雑状況によって変わります。気軽にお問い合わせください
  • ¥580,000~(税別)からラインナップしています。気軽にご相談ください。(御見積無料)

更に癒しの効果を最大限に高める「水」と「音」の組み合わせ(追加オプション)

水のある空間をより高める方法、それはその周りの照明(光)だったり或いはその周囲にある植栽(緑)だったりします。自然の素材である水は「光」や「緑」等の自然のそれとの相性がとても良いのです。
それらの要素と同様に、(環境や条件によってはそれ以上に)水の雰囲気を高め、癒しを感じさせるものが…「音」です。

「水」×「音」=「?」

目に見えず形のない「音」という素材、これを水演出機器の傍で鳴らすと空間の雰囲気が一つ段階が変わるようなような「心地」となります。水に合わせる「音」は様々な空間を「音」でプロデュースしている 井出 音 研究所(※6)の素材。アクアウォールパネルをはじめとした水演出 / 水景設備に非常に相性の良いものとなっています。
弊社にて水と音の組み合わせを体験いただけます。また、機器設置後の導入も可能となりますので気軽にご相談ください。

音の素材は 井出 音 研究所 の soniphy(ソニフィー)を水演出用にアレンジしたものを使用。代表の井出祐昭氏率いる 井出 音 研究所 では表参道ヒルズをはじめとした空間を「音」でプロデュース。
その他にも医療分野での臨床研究を応用した病院・クリニック等での音の空間演出や、駅や学校等、多数の空間 を「音」を通じて創り出している。

更に癒しの効果を最大限に高める「水」と「音」の組み合わせ

イメージムービー